メニュー

お口でも重要!金属アレルギーの確認

[2016.10.26]

口腔内の歯を詰める場合、これまでは治療に様々な金属を使用します。

近年、金属アレルギーの方が増えてきていますが、意外とお口の中の金属について無関心な方が多いようです。

お口の中の金属が原因での金属アレルギーの症状は、口の中に現れることが少ないのをご存知ですか?

お口の金属アレルギーは、手や足の裏など口から遠い部位に湿疹などが出ることが多いのです。

水虫だと思っていたら口の中の金属が原因のアレルギーだったというケースもあります。

当院では、金属アレルギーの方はに金属アレルギー検査をお勧めしています。

パッチテストと呼ばれるテストです。

背中に金属の溶液を含んだシールを張り皮膚の反応を診ます。
 
皮膚科でもしてくれますが、手間がかかるためかやってくれない皮膚科も多いようです。

写真は 当院でパッチテストを行った方の背中です。
 パちテスト

2~3日経過後、シールをはがし状態を確認します。

パッチ後

赤くなっている部分に塗った金属に対してアレルギーがあることがわかります。
 この方は、「ニッケル」と「パラジウム」にアレルギーがありことがわかりました。

金属アレルギーの方は是非口の中を見てください。口の中の金属が原因で様々な症状がすでに現れているかもしれません。

気になる方は、「金属アレルギー検査」をお勧めします。注意点として、検査中はお風呂に入れません。

金属アレルギーの方には、金属を使わない治療をおススメもできます。

金属アレルギーの方はご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME