メニュー

インプラント治療

インプラント治療とは

 虫歯や歯周病等で、歯が抜けてしまったあとに、チタンやチタン合金性の支柱(インプラント)をあごの骨に埋め込み、あごの骨として固定させ、
その上に作成した人工の歯を載せることで、かみ合わせを回復できる治療です。

インプラント治療は、入れ歯などでは得られない、自分の歯と同様の噛み心地を得られるようになります。

 治療について

インプラント(支柱)を骨の中に埋め込みます。

    いんぷらんと

埋め込み後は、インプラントと骨が強固に結合するのを待ちます(2ヶ月程度)。

結合までの期間は個人差があります。

その後、アパットメントという部品を連結部分を装着します。

 

最後に歯の形や色、歯並びにに合わせて作られた人工歯をインプラントにかぶせて治療は終了です。

imp_02

インプラントのメリットデメリット

歯の喪失に対応する治療法はいくつかあります。それぞれにメリットデメリットがありますので、下記の表をご参考ください。

歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え、あごの骨としっかり固定させた後、その上に人工の歯を装着させたものです。これにより取り外しの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛むことが可能となる歯科分野において注目されている治療法です。

当院では本院のノーブルデンタルオフィスと連携し、「安心・安全なインプラント治療」を行います。

 イミディエイト・ローディング(即時負荷インプラント)

~1日インプラント~

イミディエイト・ローディングは、CT等の設備が整った環境で検査を受ける必要があります。

高い技術が求められるため、対応可能な医院は多くありません。

インプラント埋入手術をしたその日に仮歯を作製しインプラントに装着して、当日に見た目と噛む機能を回復できる治療法です。

手術の回数も1回で済み、患者様のの負担も小さくて済みます。

即時

このような方に適しています。

  • 顎の骨が柔らかく、骨密度が足りない方
  • 歯周病等問題がある方
  • 健康状態が良好でない方
  • 噛みあわせに問題がある方 

All-on-4(オールオンフォー)

総入れ歯の方、残っている歯の保存が難しい方に適しています。
All-on-4は、歯が1本もないあごでも、4本のインプラントを埋め入れることで人工歯を支えることができます。

オールオンフォー

● 治療期間が短い
● 天然歯と同じ感覚で咀嚼できる

ノーブルインプラントセンター

ノーブルデンタルオフィスでの症例をご紹介しております。

http://www.noble-implant.jp/ 

インプラントについて詳しい内容をご覧いただけます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME